Flow 焼きいもが出来るまで

1.さつまいもの収穫

丹精込めて作ったさつまいもを収穫します。
収穫後、土を洗い流したり、根などを取ってしまうと、
品質が低下してしまう為、土がついた状態で保管します。

2.キュアリング・保存

貯蔵されたさつまいもが甘くなる理由はデンプン質の糖化にあります。
貯蔵庫に入ったさつまいもはデンプン質をゆっくりゆっくり糖化させて、
止まることなくどんどん甘くなっていくのです。
甘みを増す長期貯蔵の為のキュアリング処理は、
さつまいもの傷を癒し腐敗の進行を防止する為で、
適度な温度・湿度に置くことでさつまいもの傷口部にコルク層を作り
長期の貯蔵が可能となます。

3.さつまいも洗浄

皮ごと食べるかどうかは、好き嫌いがはっきり分かれますが
実は、皮にも栄養がいっぱい含まれているので皮まで食べれるよう
綺麗に薩摩芋を洗浄し、根をとります。

4.さつまいも洗浄・乾燥・チェック

洗浄はさつまいもに傷がつかないよう、
当店オリジナルで改造した洗浄機を使います。
その後しっかりと乾燥させ、一つひとつ、目視で確認し、
人の手で根を取り除いていきます。

5.焼き上げ

品種はもちろん、芯温の違いなど当店熟練の職人が
その時その時に合わせて温度や時間を調整しさつまいもを焼くことで、
中までしっかりと焼き上げていきます。

6.焼き上げ

手間ひまかけて、美味しく仕上げた焼きいもの重さを測り
ラッピング、梱包しお客様にお届けいたします。
当店ではお客様に美味しく召し上がっていただく為、
一つひとつ商品を確認しお届けいたします。